百年先まで家宝として残したいなら、社寺の教本制作の匠が綴じる「和綴じ家系図」