百年先まで家宝として残したいなら、社寺の教本制作の匠が綴じる「和綴じ家系図」


還暦祝い(60歳)

還暦(かんれき)とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることを言い、満60歳の誕生日を中心に祝います。還暦の祝い方は、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈る形が一般的です。

古希祝い(数え年で70歳)

古希は、中国唐時代の詩人杜甫の曲江(きょっこう)という詩「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」に由来します。昔は70年生きる人は希であったことから、長寿の祝いとされています。古希の祝い方は、基本的に還暦と同じですが、赤色が紫色の物になります。

喜寿祝い(数え年で77歳)

「喜」の字が草書体で七十七に見えることから、77歳を祝います。喜寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から紫色の物になります。

傘寿祝い(数え年で80歳)

「傘」の略字が縦書きの「八十」に見えることから、80歳を祝います。傘寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から紫色の物になります。

半寿祝い(数え年で81歳)

「半」の字が八十一と分解できることから、81歳を祝います。米寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から金茶の物になります。

米寿祝い(数え年で88歳)

「米」の字が八十八と分解できることから、また、末広がりの八が重なることから88歳を祝います。米寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から金茶の物になります。

卒寿祝い(数え年で90歳)

「卒」の略字が縦書きの「九十」に見えることから、90歳を祝います。卒寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から紫色の物になります。

白寿祝い(99歳)

「百」の字から99歳を祝います。白寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から白色の物になります。

百寿祝い(100歳)

「百」の字から100歳を祝います。百寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から白色の物になります。

父の退職祝い

定年などで退職する場合など、長年会社や社会のために尽くしてきた方への感謝の気持ちを祝います。最近では「定年退職=引退」というより「定年退職=第二の人生のスタート」とし、新たな門出を祝う事も増えてきているようです。

父の退官祝い

定年などで退官する場合など、長年学校や国家公務員や社会のために尽くしてきた方への感謝の気持ちを祝います。最近では「定年退官=引退」というより「定年退官=第二の人生のスタート」とし、新たな門出を祝う事も増えてきているようです。

父の日ギフト

父の日は毎年6月第3日曜日に父に感謝の気持ちを表す日です。

長寿祝い

日本は長寿大国ということで、還暦・古希・喜寿・米寿・白寿をはじめとした年齢に応じて祝い歳があります。本格的に長寿を祝う古希や喜寿くらい、プレゼントを贈り祝宴をはることが一般的な祝い方といわれています。

敬老の日

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨として9月の第3月曜日は敬老の日と定められています。老という字がつくところから、祖父や祖母に贈り物をするイメージが強いですが、父や母に「何時までも元気にいて欲しい」「第2の人生を楽しいで欲しい」といった想いを込めてプレゼントする方も多いです。

銀婚式祝い(結婚25周年)

結婚25周年を祝う行事を銀婚式といいます。結婚記念日は基本的に当事者2人で祝う事が多いのですが、節目の年の銀婚式は一家や一族で盛大に祝う場合もあります。

真珠婚式祝い(結婚30周年)

結婚30周年を祝う行事を真珠婚式といいます。結婚記念日は基本的に当事者2人で祝う事が多いのですが、節目の年の真珠婚式は一家や一族で盛大に祝う場合もあります。

金婚式祝い(結婚50周年)

結婚50周年を祝う行事を真珠婚式といいます。結婚記念日は基本的に当事者2人で祝う事が多いのですが、節目の年の金婚式は一家や一族で盛大に祝う場合もあります。

いい夫婦の日

「1122(いいふうふ)」の言葉から毎年11月22日はいい夫婦の日とされています。夫婦でお互いを見つめ合い、「ありがとう」と「愛してる」を伝え合います。