長寿祝いに

家宝を求めて
家宝として、お祝いに

喜寿・還暦など長寿祝いの贈答に

新潟県 三条市 MI様(07.05.12)

連絡が遅くなり大変申し訳ありませんでした。モデムの故障で通信出来ない日々が続いておりまして・・・。家系図、間違いなく私の手元に届きました。本当にありがとうございました!
母の還暦祝いに・・・と計画を立てていたのですが両親共々、大変喜んでおり、私も本当に感動致しました!
実際、両親が調べていた以上の内容で初めて聞く名前も有り、家族皆でワクワクしながら見ていました!それに「親戚が来た時にも自信を持って見せられる!」と感動しきりです!本当にありがとうございました!

札幌市 白石区 KM様(08.10.22)

ありがとうございます。本日、家系図届きました。
還暦祝いのプレゼントをずっと考えていたのですがなかなか決まらず、たまたま新聞で家系図作成と載っていたので、インターネットで調べて山崎様の所にたどり着きました。


これだけの物を読み解いていくのは大変な作業ですね。素人ではなかなか出来ません。
早速両親に見せようと思います。
祖母のほうも頼むかも知れませんので、その時はまたよろしくお願いします。

大阪市 中央区 KM様(08.12.11)

家系図ありがとうございました。あけてみて感動しました。 家系図だけでなく歴史年表までいれていただき、家系図と見合わせながら ご先祖さんの事をいろいろ想像しました。
父と母の還暦祝いに早速送ったのですが、とても喜んでくれて電話越しに涙ぐんでいたように感じるぐらいでした。本当に家系図を作ってよかったなぁて思っています。 家族にとって宝ものです。
またお願いする事もあるかと思いますが、その時はよろしくお願いします。 ★KM★

岡山県 津山市 TT様(12.6.1)

33番 黒地金糸唐草文様家系図(父の父方)
私は父の還暦のお祝いにプレゼントしようと思い、未来に残せる家系図を作成しようと 山崎さんに依頼しました。 本日家系図が届き箱を開けた瞬間から系図を確認したあとまで感動しっぱなしでした。 この感動を還暦を迎える父も味わえるのはとてもうれしく、いいプレゼントだと思います。 知り合いにも山崎さんの家系図株式会社をおすすめしようと思います。 ほんとうにありがとうございました。

大阪府 茨木市  TY様(09.05.25)

山崎 先生 先日、家系図一式が届きました。ありがとうございました。
2月初旬に家系図作成をお願いし、首を長くして待っておりました。待っておりましたが、その都度メールで連絡をいただき、また、最後にドタバタしたときに電話もいただき、安心して待つことができました。明日、実家に持って行き、父親の喜寿の祝いとして渡そうと考えています。
今の自分があるのは先祖様のおかげで、その先祖様がどのような方であったか、非常に興味があります。もちろんすべてではありませんが、家系図、家系譜を見ながら、少し親近感が湧くような気がします。胸を張ってとはいえませんが、「頑張っているから、守ってよ」と先祖様に向かって、明日手を合わそうと思います。

本当に丁寧な対応をしていただきありがとうございました。
また、先生のお力、お知恵をお願いすることがあるかと思いますが、その節はよろしくお願いいたします。

大阪市住之江区 YY様(07.11.24)

いつもお世話になっております。いつも迅速なお取り計らい下さりありがとうございます。
この度、家系図製作をお願い致しましたのにはいろいろな思いがありました。

去年の10月に私の弟が47歳の若さで 急死致しました。手続等のため区役所に戸籍謄本を
申請しましたところ、幼くして亡くなっております兄と妹の戸籍がなく、窓口で尋ねましたところ
「本籍を京都から大阪に移しているため、亡くなられた人は抹消されています」との事。 そんな・・・私は大変ショックでした。

私も兄が生まれてきたことは知っていますが、私が生まれる前に既に亡くなっており、兄の存在は 話でしか知りません。何も記されていないなんて・・・。生きた証もないなんてとずっと思っておりま した。(※その後、当社でご兄弟の記載された古い戸籍は取り寄せました。)

月日がたち、今年の8月に私の主人が還暦になったことと、同居しております義母が傘寿なのでお祝いに親戚を集めて食事会を開こうと計画しました。しかし二人とも誕生日を前に病気になり、入院と通院の毎日で、食事会を開くことが出来ませんでした。
早く二人に元気になって欲しいと思い、何かよいお祝いの品がないかとインターネットで検索していたところ山崎先生の家系図製作委員会が目にとまり「これだ」と思い主人に相談致しまして依頼させていただきました。
家系図が出来上がり、毎日四家の(額入り)家系図を眺めておりますと、主人と私がいて、主人の父母、私の父母、そしてさらにその前の何人もの方々がいて、今の自分がこの世で生かされていると改めて思っております。


還暦祝い(60歳)

還暦(かんれき)とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることを言い、満60歳の誕生日を中心に祝います。還暦の祝い方は、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈る形が一般的です。

古希祝い(数え年で70歳)

古希は、中国唐時代の詩人杜甫の曲江(きょっこう)という詩「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」に由来します。昔は70年生きる人は希であったことから、長寿の祝いとされています。古希の祝い方は、基本的に還暦と同じですが、赤色が紫色の物になります。

喜寿祝い(数え年で77歳)

「喜」の字が草書体で七十七に見えることから、77歳を祝います。喜寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から紫色の物になります。

傘寿祝い(数え年で80歳)

「傘」の略字が縦書きの「八十」に見えることから、80歳を祝います。傘寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から紫色の物になります。

半寿祝い(数え年で81歳)

「半」の字が八十一と分解できることから、81歳を祝います。米寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から金茶の物になります。

米寿祝い(数え年で88歳)

「米」の字が八十八と分解できることから、また、末広がりの八が重なることから88歳を祝います。米寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から金茶の物になります。

卒寿祝い(数え年で90歳)

「卒」の略字が縦書きの「九十」に見えることから、90歳を祝います。卒寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から紫色の物になります。

白寿祝い(99歳)

「百」の字から99歳を祝います。白寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から白色の物になります。

百寿祝い(100歳)

「百」の字から100歳を祝います。百寿の祝い方は基本的には還暦と同じですが、色は赤色から白色の物になります。

父の退職祝い

定年などで退職する場合など、長年会社や社会のために尽くしてきた方への感謝の気持ちを祝います。最近では「定年退職=引退」というより「定年退職=第二の人生のスタート」とし、新たな門出を祝う事も増えてきているようです。

父の退官祝い

定年などで退官する場合など、長年学校や国家公務員や社会のために尽くしてきた方への感謝の気持ちを祝います。最近では「定年退官=引退」というより「定年退官=第二の人生のスタート」とし、新たな門出を祝う事も増えてきているようです。

父の日ギフト

父の日は毎年6月第3日曜日に父に感謝の気持ちを表す日です。

長寿祝い

日本は長寿大国ということで、還暦・古希・喜寿・米寿・白寿をはじめとした年齢に応じて祝い歳があります。本格的に長寿を祝う古希や喜寿くらい、プレゼントを贈り祝宴をはることが一般的な祝い方といわれています。

敬老の日

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨として9月の第3月曜日は敬老の日と定められています。老という字がつくところから、祖父や祖母に贈り物をするイメージが強いですが、父や母に「何時までも元気にいて欲しい」「第2の人生を楽しいで欲しい」といった想いを込めてプレゼントする方も多いです。

銀婚式祝い(結婚25周年)

結婚25周年を祝う行事を銀婚式といいます。結婚記念日は基本的に当事者2人で祝う事が多いのですが、節目の年の銀婚式は一家や一族で盛大に祝う場合もあります。

真珠婚式祝い(結婚30周年)

結婚30周年を祝う行事を真珠婚式といいます。結婚記念日は基本的に当事者2人で祝う事が多いのですが、節目の年の真珠婚式は一家や一族で盛大に祝う場合もあります。

金婚式祝い(結婚50周年)

結婚50周年を祝う行事を真珠婚式といいます。結婚記念日は基本的に当事者2人で祝う事が多いのですが、節目の年の金婚式は一家や一族で盛大に祝う場合もあります。

いい夫婦の日

「1122(いいふうふ)」の言葉から毎年11月22日はいい夫婦の日とされています。夫婦でお互いを見つめ合い、「ありがとう」と「愛してる」を伝え合います。

こちらのページをご覧になった方は他にもこんなページを見ています

家系図作成の資料請求