どこまで遡れるでしょうか?

家系図って、どこまで分かるの?

皆様からいただくお問い合わせで一番多いのがこの質問でした。
これまでの調査結果(戸籍簿で最も古い記載)を公表させていただきますので、参考になさってください。約85%の方が江戸時代の末期まで遡れました。

これまでの家系図作成実績(サンプル200件 2004~2005年)
元号 割合 家系図製作の状況
寛政 2名 いずれも寛政12年(1800年)のお生まれで、18世紀生まれの一番最後の年でした。
おひとりは天保14年生まれの戸主の母上でした。もうおひとりは、文政10年生まれの方の母上でした。
享和 なし
文化 4.9% 約200年前ですが、戸主ではなく、多くは祖母でした。
文政 13.6% この辺も戸主ではなく、その母あるいは隠居した父レベルでした。
天保 25.9% このあたりから、戸主レベルが出てきます。
弘化 8.6% 以下戸主レベルです。
嘉永 7.4%  
安政 9.9%  
万延 1.2%  
文久 9.9%  
元治 0.0% 1864の1年だけですので、前例はありませんでした。
慶応 3.7%  
明治 14.8% 明治も初期は今から150年前です。関東大震災や空襲で焼失した例も少なからずありました。


最後にお伝えしたいことは、どの時代まで遡れるかということと
家系図に記載される人数の多さとは比例しません。

ご先祖様の人数が極端に少なく、家系図として製作するに適さない場合は、事前にお客様とご相談の上、「調査のみ」とし、「収集した戸籍簿」を お渡し、「調査料を差し引いた残額(家系図製作費用)」をお返しするシステムを採用しておりますので、ご先祖様の資料保存を優先してお考えいただき、お気軽にお申込みいただけます。

家系図作成の資料請求

こちらのページをご覧になった方は他にもこんなページを見ています